ややマイナーだが視覚的にトレンド相場とレンジ相場を判断できるATRは非常に使える!

少し認知度が低いが分かりやすいATR

ATRとはAverage True Range(アベレージ・トゥルー・レンジ)の略です。

RSIやADXなどを考案したゆっ名なトレーダーであるワイルダーが考案したテクニカル指標です。
移動平均線やボリンジャーバンド、MACDなどど比べるとややマイナーなテクニカル指標にですね。

しかし、このATRは非常にわかりやすくFX初心者にもオススメできる指標です。

ATRで何がわかるの?

ATRは「相場の変動率を計るテクニカル指標」です。
ATRの数値が大きいほど変動率が高い、つまり価格の上下が激しいと考えられます。
数値が小さくなるほど変動率が低い、つまりゆるやかな相場になっていると理解できます。

突発的に相場が動くとATRの数値は急上昇します。
よって、ATRを利用することで、レンジ相場からトレンド相場への転換、
逆の、トレンド相場からレンジ相場への転換を客観的に判断出来るようになります。

ATRの設定期間は?

初心者はまずは10~20で始め、
自分の使用する通貨、時間足との相性を確かめていくのがよいでしょう。
徐々に設置地を変更していきチューニングしてください。

ATRと他のテクニカル指標を組み合わせる

ATRでレンジ相場なのか、トレンド相場なのか判断できたら、
他のテクニカル指標と組み合わせて活用してみてください。
ただし、むやみに小難しく考えるのは厳禁です。
まずはシンプルなテクニカル指標と組み合わせてみてください。

初心者にオススメは手書きのラインと移動平均線です。
ATRでレンジ相場だと判断すれば、
レートより上にあるラインで折り返したら売り、
レートより下にあるラインをで折り返したら買い、として活用します。

ATRでトレンド相場だと判断すれば、
レートより上にある移動平均線を上値抵抗線とし下降トレンド時の売りで使用し、
レートより下にある移動平均線を下値支持線とし上昇トレンド時の買いとして使用します。

まとめ

●ATRは「相場の変動率を計るテクニカル指標」
●ATRを利用することで、レンジ相場とトレンド相場への転換を知ることが出来る
●ATRと他のテクニカル指標を組み合わせると効果的
 (ただし、シンプルに考えることが前提。)

投資で資産を「効率的に」増やしたい!
日本最大級のダウンロードマーケットプレイスです。

効率的に勝つための手助けに。

・FXツール
・自動売買EA
・インジケーター
・解説動画
・解説書籍 など

あなたの勝率アップに役立つコンテンツがたくさん!

DLmarketはこちら!
MT4自動売買EAで利益を出す!
MT4の自動売買プログラム
「EA(Expert Advisor)」
をうまく利用して利益を出していきましょう。

忙しい時もシステムが自動で売買してくれるのも魅力ですね。

是非あなたにあったEAを探してみてください。トレード成績も公開されているため、色々と比較してみるのも面白いです。

どれが良いかわからない・・・というはじめての人は「売れ筋からチェック」していきましょう。

MT4の自動売買プログラム「EA(Expert Advisor)」
特典付き!FX口座開設するならオトクなキャンペーンを利用するのが正解!!

なんと今なら口座開設で無料でもらえます。

選べる特典はこちら。
・キャッシュバック
・投資コラム
・EA
・ツール
・インジケーター

この機会にオトクに取引を始めましょう!

fx-on.comお宝ページはこちら!

勝率アップに!MT4インジケーターをさがす